• ホーム
  • 年齢を重ねると悩む人が増えるシミ!原因をチェック!

年齢を重ねると悩む人が増えるシミ!原因をチェック!

2020年06月05日

年齢を重ねる度に、頬など目立つ部分を中心にシミやくすみが出来てしまうと悩んでいる方は少なくありません。若い頃は特に目立たなかったシミやくすみも、30代後半から症状があらわれるという方も少なくありません。少しでも若々しく透明感のある肌質を維持したいなら、まずはシミができる原因とこれから行うべき対策方法をきちんと理解し、ケアを始めることが重要です。

まず30代後半から薄っすらと目立ちはじめ、40~50代になると一気に増えていくシミやくすみの症状は、紫外線や乾燥によるダメージが蓄積した結果だといわれています。様々な肌トラブルの原因となる紫外線は、日頃から日焼け止めなどを利用して直接浴びないように対策をしていないと、肌内部にどんどんダメージが蓄積していき、肌本来のコンディションも壊してしまうため綺麗な肌を維持するために必要とされるターンオーバーも低下させてしまいます。ターンオーバーの低下と同時に紫外線による乾燥が進行するなど、様々な原因が重なることで40~50代になった時に一気にシミやくすみが肌表面にあらわれて、増えたり、濃くなってしまう悪循環を引き起こしてしまうのです。

年齢を重ねてからできるシミは、どんな対策をしても改善しないのではと諦めてしまう方も多いのですが、気になった時からきちんと対策をしないと、症状はどんどん悪くなってしまうので、今より悪い状態にならないためにも対策は非常に重要です。では実際にどのようなケアが必要かというと、アンチエイジングが行えるスキンケア化粧品に切り替えて美白ケアを行うようにしましょう。外出する際には日焼け止めや、UVカット効果のある化粧品で肌を保護し、サングラスや帽子などを併用するようにします。

そして自宅に帰ってきたら、年齢と共に不足してしまう保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンや、美白効果の高い成分が配合されているアンチエイジング化粧品で対策をすることで、不足しがちな美容成分と保湿成分を補い、これから出来てしまうシミを予防するケアを徹底します。くすみが気になるなら、肌のターンオーバーを整えるピーリング剤を利用することも効果的です。目立つシミがあるなら、美容皮膚科に相談することで症状に合わせて外用薬による治療、ケミカルピーリングやイオン導入、レーザー治療など症状に合わせた治療方法で改善していくことが出来ます。自分のシミの状態を医師に見てもらい、適切な治療方法を相談してみましょう。