• ホーム
  • 美容系クリニックでも処方されているレチンAクリームの効果とは!

美容系クリニックでも処方されているレチンAクリームの効果とは!

2020年04月01日
肌を気にする女性

肌トラブルの中でも、繰り返す大人ニキビに悩んでいる女性は少なくありません。大人ニキビの原因は普段の不規則な生活やストレス、肌のターンオーバーの低下や乾燥肌の進行など、様々な原因が重なって起こっているため、まずは肌のコンディションを整えてニキビができにくい肌質に改善していくことが重要です。スキンケアだけでも改善していくことは可能ですが、ここでレチンAクリームを取り入れるとより短期間で肌質改善を行えると注目されています。

このレチンAクリームはトレチノインやオールトランスレチノイン酸が含まれており、ビタミンAの誘導体といわれています。角質化細胞の剥離と卵胞からの角質細胞の放出を促進させる効果が高い特徴を持ちます。この有効成分トレチノインを肌に塗布することにより、ターンオーバーが低下してくすみやシミ、シワなどの原因となっていた古い角質を排出させる効果があるので、効率よくピーリングケアを行いたい時などに用いられています。

大人ニキビの多くは、通常排出されるべき古い角質が剥がれず、肌表面に蓄積することで角質層が厚く硬くなることで、毛穴を塞いでしまうことで内部に汚れが蓄積し炎症を起こしてしまう場合が多いです。そのためこのレチンAクリームを普段のスキンケアに取り入れることで、ターンオーバーを促進させて毛穴の詰まりを改善させることが出来ます。このレチンAクリームはニキビに限らず、シワやシミ、たるみやそばかす、肝斑など様々な肌トラブルを改善する美容クリームとしても注目されており、実際にシミ治療の一つとして美容クリニックで処方されることも少なくありません。

一般的に肌のターンオーバーは28日周期といわれていますが、ターンオーバーが遅くなると42~52日にも長引いてしまいます。そこでレチンAクリームに含まれているトレチノインを与えることで約14日ほどで古い角質が剥離して、新しい表皮に入れ替わることになります。他にも皮脂腺の働きを抑える効果も持っているので、過剰な皮脂分泌によって毛穴に黒ずみが出来やすいという方にも向いていますし、このクリームは真皮部分でコラーゲンやヒアルロン酸の分泌を高める効果を持っています。そのため使用する度に内側からふっくらとした肌質になり、乾燥などで目立っていたシワを改善してハリと弾力のある肌質に整える効果も期待できます。美白効果も期待されているので、美容クリニックではハイドロキノンと併用して美白効果をアップさせる治療方法も人気です。